【閲覧注意】非通知無言電話をかけてくるあなたへ~女の嫉妬は怖いという話。

 

Pocket

今日はちょっと面白くない内容です、ウフ。

 

昔からこの手の嫌がらせ
(無言電話とかとんでもない時間にコール音だけ鳴らすとか)
をよく受けるのですが
ここしばらくないな~という状態が続き
平和に暮らしいたところ

 

またなんか始まっちゃったみたいなので、

 

どこのどなたかわからない電話かけてきた人に向けて
ちょっと一言言っておきたい、という内容です。

 

不快と感じられる表現も含まれますので
そういう話は好きじゃない、って方は
ここで退出されることをお勧めします。

 

 

 

私にお電話くださったあなたへ。

何の御用でしょう?

 

数日にわたり、明らかに「他人に電話するには非常識な時間」を選んで
掛けて来てはりますね。非通知で。

 

それを人は迷惑電話と呼びますよ、知ってる?

 

あの時間に電話するには
結構あなたも遅くまで起きてないといけないはずですから
それなりに大変なんじゃないかなって思ってます。

 

ただね、わたし、そういうことされると
ワクワクしちゃうのね~♪

 

あなたにしてみたら、
私をイヤーな気持ちにさせたいんやんね?
ごめん、それ逆効果。

 

woman-228178_640

私に迷惑電話をしてやろうって思ったきっかけは何ですの?

 

 

なんか私、やらかしました?
私のしたことで何かご迷惑をおかけしたのなら
ちゃんとお詫び申し上げますので、
ちゃんとそのへんを言語にして私にお伝えくださいな。

 

・・・っていうか、きっとそうじゃないよね。

 

えー、やっぱしなんか嫉妬?

 

やーねーもー。
それってさ、

自分にないもん、あの子はいっぱい持ってる!
何よあの子ばっかり!!ムキーッ!!!

 

て感じ?

 

なのだとしたら、私の事えらい観察してくれてはるんやね、

 

ごクロ――――サーーーンッ!

 

サンサンサンサン サンでパパっ♪
て知ってる?

なんでか思い出しちゃったわ(笑)

 

 

嫉妬するってさ、
自分の今の状況と
相手の状況をずっと比べて、

相手の事羨ましがってるってことやんね?

 

しっと
嫉妬

  1. 《名・ス他》

    やきもち。
    • 他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。

       「兄弟分の出世に―する」

    • 自分の愛する者の愛情が他に向くのを恨み憎むこと。

       「愛人が妻に―する」

 

「うらやみねたむ」って穏やかじゃないねぇ。

 

そりゃさー、私も他の人の事みて
『いいなー…うらまやしいな~』
って思うこといっぱいあるよー?

 

でもさ、そこで私があなたと決定的に違うのは
『あの人みたいになるにはどうしたらいいんやろッ!』
ちゅう方向に気持ちが向くってとこやねー。
そう、自分に向いてるのよ、気持ちが!

 

相手に嫌がらせして攻撃したとこで、何かかが解決するわけないし。
何にも得るもんないっしょ。
残るのは自分の中の負の感情だけ。
ね。
もうちょっと考えた方がいいと思うよ?

でさ・・・
ごめんなさいねぇ。

 

今の私にはそのあなたの感情に
ゆっくり付き合ってる時間はないノンです。

 

ゴハン作らなあかんしさ―
洗濯機もグルんぐルン回ってるしさー
ブログも更新したいしさー
息子たちは「カーチャンカーチャン」いうしさー
明日も仕事やしさ―

 

だからさー、あなたが掛けてきた電話だって

pokemon-1603604_640

トイレで用を足してる時に気づいたりするのよね~。
忙しいのよ~。

 

電話は音しか伝わらないからねー、
においもお届けできたらいいのにね、プぴ。

 

でも、私はいつでも電話OKよ。

call-15924_640 (1)

たださ、

 

あんな時間まで起きてて
嫌がらせをするわけだから
それなりに私に対して
なんか強く訴えたいことがあるんじゃないの?

 

じゃ、ちゃんとお話ししましょうよ。

 

顔もわからん、何言いたいんかもわからん、じゃ
話にならんわ。

 

できたら、会って顔見て話したいわ。
別に捕って食ったりしやんで。

コミュニケーションってさ、
お互いの顔が見えてなんぼやん?

 

そう思わん?

 

 

…て、そう思わんから非通知無言電話なんか掛けられるんやんね。

 

 

で。

 

 

私がどういう反応したら満足なん?

 

 

 

過去に受けたいやがらせの嵐

まずねぇ。

 

 

 

alphabet-word-images-1295120_640

カバンにカミソリ入ってました。

 

 

 

それを知らんとカバンに手を突っ込んだら
ブスリと刺さりました。

 

痛いがな!

 

うわーーー、血ぃ出たわ。と思いながら
ふと頭をよぎったのは
『昭和の昼ドラ』。

 

 

あんなことする人おるんかいなと思ってたけど、
ほんまにおるんや!とかなり衝撃だったですよ。

 

 

そして、

garbage-can-1260832_640

 

ロッカーに多量のゴミ。

 

『昭和の昼ドラ』その2やね。

 

朝仕事行って、ロッカー開けたらコンビニのお弁当ゴミとか
お菓子の袋とか、なんかぐちゃぐちゃに入っててね、

 

おおぅ、そこまでやるの?
そんなにうらめしいの?
っておもったら

 

child-1528308_640

「おもろーーーーーい!!!」

 

 

笑いが止まらんくなってね。

 

なんか向こうも必死やな、と。

 

 

私があんまりにも思った反応をとらんもんやから
(落ち込んだらよかったか?)

 

 

 

そのうち

病棟の「困った患者さん」ばっかりこなしきれないような人数を
担当に充てられちゃったり。

 

elderly-person-1547941_640

それも平気な顔してこなしてたら
(そんなもんでどないかなるとでも思ってるのか?)
(ていうか、私の能力をなめるなよ)

 

 

 

最終的には

caricature-871836_640

知らない男性からお電話がかかってきました。

 

 

 

電話の内容はですね、
ざっくりいうと

 

『ある人からすごくかわいい子なんだと言って
電話番号を教えてもらった。
一緒に遊びに行こうよ~』

 

って感じ。なんじゃそら。
何回も何回も何回もかかってきました。

 

今日は夜勤だから昼まで寝ておきたい日の早朝とか、
夜勤明けで帰宅して、ちょっと寝ていたい午後からの時間とか。

 

 

夜勤のスケジュール知ってるな?
っていうか、もうこれで
この男性に電話させている犯人は確定です。

 

 

あのねぇ、あなたの目的もあなたのことも
ほんとはよく知ってるけどさ、
ほかの男を私にあてがうなら
もっと私の好みの人連れて来てよね。
そんな箸にも棒にもかからないのじゃ、
あんたの目的は達成されんわ。

 

ていうか、その男性とあんたがくっつけばいいやん。
そんなめんどくさいことに付き合ってくれんねんから。

 

 

 

そんなことをしている時間、もったいなくなーーーーい?

time-is-money-1601988_640

正直、そこまでの情熱があるのは羨ましい。
(方向性はかなりお間違えですけど。)

 

その反面、この人、
脳みそヒマなんやな、とも思う。

 

せっかくいろいろ考えれるんやから
自分のためになることのために脳みそ働かさなもったいないで。

 

 

人が困る顔を見て喜ぶような類の人に
絶対いいことはやって来ない。

 

ほしいものも人の気持ちも逃げていきます。

 

 

そういうこと、ちゃんと教えてあげるからさ、
今度電話取った時はちゃんと声出してよ。

 

なんか言いたいことあるんやったら黙って聞いたげるからさ。

 

 

ひとつ言っておきます。
私の大事な家族に実害を加えた場合、

きちんと出るべきところに出て
しかるべき対処をさせていただきます。

 

そこのところは覚悟してください。
あなたの人生めちゃくちゃにしてやりますから。

 

 

最後に

実は、嫌がらせされたりするのは
この件が初めてではありません。

animal-339400_640

だから、慣れてるというか、

へぇーーーー・・・。って感じ。

 

 

一番最初は中学生のころやったかな。
仲の良い男の子がいて、
よく放課後二人で教室とかでしゃべってたら
(別に付き合ってたわけじゃなく単に仲良しなだけ)

 

その子のことが好きだった1つ上のヤンキーの先輩が
かなり嫉妬してはって、

 

私一人呼び出されて
ヤンキー仲間15人くらいに囲まれて
なんやら問い詰められた、

 

とか、

 

音楽室の机の裏に
悪口書かれたり

 

上靴がない、とか。

 

さすがに、机の裏の悪口は
わざわざ机を裏返して書いたんかと思ったら
笑えた。

 

その後、高校で、とか
専門学校で、とか
バイト先で、とか
職場で、とか

 

 

どこにでもつまらんことする奴がおるんやな、
気にしやんと行きましょう、

 

 

ということでいままできたので
私は平気なんですけど、

 

 

もし同じようなことをされて
いやな思いをしてる人がいれば

ちょっと経験者として話聞いたげられるかな

と思うのでした。

 

 

というとりとめのない話でしたが、

 

嫉妬に狂った女には近づかない方がいいですよ!

 

 

というアドバイスで締めさせていただきます。

 

 

んじゃ!


Click here!! 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 平田和彦 より:

    えらーい。尊敬します。

    • unico より:

      いやもうね、構ってたら同じレベルかなー、と(笑)
      私、中身はオッサンなんで(・∀・)ニヤニヤ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© unico’s LIFE , 2016 All Rights Reserved.