【100均 DIY】子供の横で作ろう!100均材料でテーブルタップBOX【工作】

 

この記事を書いている人 - WRITER -


男二人、犬2匹、猫2匹のおかあちゃん。職業看護師。得意技は「すっかり忘れる」。お尻に火がつかないと動けないタイプ。いつも一眼レフを持ってウロウロしてます。

うにこ

この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

この記事はこんな人にお勧め
・100均DIYにチャレンジしてみたい
・なかなか必要なサイズのテーブルタップBOXに出会えない
・キッチンのコード類をスッキリさせたい

ど—————も。
100均マダム、おしりナースのunicoです。

 

 

夏休みですね。

 

夏休みと言えば、宿題!

 

宿題と言えば、工作!!

 

今日は小学一年生の長男の人生初の木工作業の横で、盛大に邪魔をするという内容のお話です。

 

あ、違うわ(笑)

 

 

100均に売っている木材を使って、テーブルタップBOXを作りましたという話です。

 

 

 

 

 

夏休みは意外と退屈である

夏休みが始まって何日目?

 

もうほとんど宿題を終わらせてしまった長男は、どこか行きたそうだったんですけど・・・

 

 

 

DSC03266 (1)

じゃん!

 

 

 

 

そんな日に限って、次男の保育園が月イチの弁当日。

 

 

 

 

DSC03271 (1)

超オヨロコビの次男。
「保育園休んでお出かけしよーぜ」という誘いには乗ってくれませんでした。

 

日本一簡単なウルトラマン弁当の作り方はこちら icon-external-link 

 

 

DSC03282 (1)

猫に遊んでもらう長男。
不毛な感じ。

 

床がゴミだらけね。

掃除機かけよっと。

 

 

 

 

木工セットをゲットだぜ

家事をバタバタと済ませている間に、一瞬旦那さんと長男が消えたなぁと思ったら、ばっちり木工セットをゲットしてきました。

DSC03304 (1)

船ができるそうな。

 
Amazon  icon-external-link 

これね。

 
いつもはじっと座っていられない長男も、かなり集中して作ってました。

 

 

小1男子にはちょうど良い難度のようです。

 

 

DIY女子、我慢できなくなりSeriaに走る

 

そんな姿を見ていたら、DIY女子は黙っていられませんがな。

 

セリアへGO!

 

 

 

で、

DSC03294 (1)

木材4枚ゲット。

 

45×12センチ が2枚、
45×9センチ が2枚。

 

焼き板なので、あとで色塗ったりしなくていいかな、と。

 

普通の白板もあるから、白いのとか黒いのとか作りたいのよ、って方はそちらを購入されるとよいかと思います。

ほんで、色塗ったらいいと思います。

 

 

測って切る

 

長さ測りましょう。

テーブルタップ

こんな感じで線を入れます。

外は汗が噴き出る高温地獄なので、何度も切るのが嫌で、最低限の作業で済むように

 

35cmのところで線を入れました。

 

DSC03300 (1)

2枚ずつ合わせて、一気に切ります。

 

はい、

 

DSC03302 (1)

こんな感じです。

 

 

組み立てます

 

DSC03308 (1)

こんな感じで組み立てていくのですが

 

2テーブルタップ

底板の上に、側面の板を載せてボンドで貼りつけます。
Amazon icon-external-link-square 

使ったボンドはこれ。
透明多用途接着剤なので、いろんなシーンで使えます。
一本持っておくと超便利です。

 

 

 

どこから線を出しておきたいか、が重要

テーブルタップに刺したコンセントを出しっぱなしで使うのか、

 

必要な時にだけ抜き差しするためのテーブルタップなのか、

 

それによって、どこにコードを通せるようにしておくと便利なのかを考えました。

 

 

必要な時に抜き差しするためのテーブルタップには

テーブルタップはBOXに入った状態で固定です。

 

で、一時的に使う家電の電源をとるときにだけふたを開け、コンセントを接続。

使用が終わればコンセントから抜く・・・

 

 

例えば、ハンドミキサーとか、フードプロセッサーとか。
コンセントに刺しっぱなしにしとかないですよね。

 

 

そういう時の電源用のてーぶるたっぷBOXはこうしておくのが便利です。

2テーブルタップ3

小さいほうの側面用の板のたての寸法を短くして、テーブルタップのコードが通るようにしておきます。

2センチくらいのスキマがあれば通ります。
(ものによって違うので測ってくだされ)

 

DSC03324 (1)

で、ふた用の板と本体を蝶番で接続します。

 

今回は6番の板だけ寸を短くしたので、片方しかコードを通す穴はありません。

BOXを設置する場所をよく想定して、ふたがどちら方向に開くと便利なのか考えて蝶番をつけてくださいね。

 

 

DSC03326 (1)

ぱかっと開くようになりました。

 

 

設置

Before.

42テーブルタップ

なんかごちゃごちゃ。

 

 

テーブルタップを入れ込みます。

142テーブルタップ

 

ほれ。

こんな感じ。

 

 

使うときにだけ開けます。

 

DSC03538 (1)

 

 

ずっと出しっぱなしで使う場合

DSC03534 (1)

例えば、こんな感じ。

 

ずっと絶えずテーブルタップから電源を取っているとき。

 

うちの場合、キッチンで使っているオーディオがそうです。

 

 

DSC03536 (1)

この、にょいんと出ているジャックをiPodに刺して、音楽聞きながらゴハン作ります。

 

この場合、ふたはどうなっているかというと、ふたの寸法を、上方向にコードが出やすいように短くしてあります。

 

DSC03539

ふたの裏はこんな感じ。

 

 

さっき切り出したときに側面用に切った板(1と2)の残りを、BOXの内寸に合わせてふた用の板に張り付けてあるので、がっつりふたが固定された状態でハマります。

 

このBOXの中にはスマホの充電コードも固定で設置してあるので、コードを上面のスキマから出して、ふたの上にスマホを置いて充電です。

 

 

これで、キッチンのコード関係はスッキリしました。

 

 

やってみてちょ。

けっこう簡単です。

 

薄い板なので、簡単に切れます。

 

釘や使わないので、板の組み立て方が理解できたら貼るだけでできます。

 

 

というわけで、スキマ時間でできる!主婦の30分100均DIYでした(・∀・)

 

 


Click here!! 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© unico’s LIFE , 2017 All Rights Reserved.