2017/05/23

離婚したことを「失敗」と表現する人へ、モノ申します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -


男二人、犬2匹、猫2匹のおかあちゃん。職業看護師。得意技は「すっかり忘れる」。お尻に火がつかないと動けないタイプ。いつも一眼レフを持ってウロウロしてます。

うにこ

この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

こんちわー。

 

 

突然ですが、ワタクシ、実は離婚経験者です。

 

 

あなたは結婚の経験がありますか?
では、離婚の経験はあるでしょうか?

 

離婚って聞いて、どんなイメージを持ちますか?

 

 

たいがいは、マイナスなイメージじゃないですかね(・∀・)?

 

 

「あなたは前の結婚、失敗してるもんね?」

 

 

よく言われるフレーズです。

 

 

は?

 

失敗??

 

 

あんた何言ってんの???

 

 

うっせぇ、バーカ!

 

 

私が離婚経験者であることを「失敗した」という言葉で表現してくる人に、いっておきたいことがあるので、書きたいと思いま―――――ス♪

 

 

離婚は今や珍しくない

3組に1組が離婚するといわれています。

 

けっこう見渡すと離婚経験者だらけ。

 

特に看護師、離婚率が高いです。

 

旦那さんの経済力に頼らなくても生きていけるからですかね(・∀・)知らんけど。

 

それぞれの夫婦に離婚に至った経緯というのはあると思いますが、ほんとに他の職業の女性に比べて✖のついてる人が多いです。

 

 

日本は、一昔前まで「離婚するのはお家の恥」みたいな変な風習があったから、離婚=失敗、と言われたり、そういうイメージでとらえられることが多いようです。

 

ケ゚っ、なにをゆーとんのじゃ。

 

離婚は「失敗」か?

cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s

離婚はそもそも「失敗」なのか?

 

 

人それぞれ考え方があると思います。

 

 

が。

 

 

はっきり言います。

 

 

離婚は「経験」です。

 

「失敗」と言われたら、メンドクサイから話し合わしときますけどね。
そうじゃない、なんて説明したってわからんでしょう?
だから何も言いませんけどね。

 

 

 

離婚の経験をしたことがない人に「失敗」と言われると、ちょっとイラっとします。
結婚の経験もない人に「失敗」と言われると、まだまだ青いわ、バカタレ、思います。

 

 

結婚しました、離婚の経験もありますって人に「失敗」と言われたら、あなたとはちがうんです。って思ってます。


私はうまくいかない結婚生活を経験した、それだけの事です。

 

 

結婚に至る経緯、結婚生活、精神状態の遷移、離婚に至るまでの経緯・・・。
知っているのは、本人たちだけです。

 

ましてや、夫は妻の、妻は夫のこと、お互いにすべてをわかっているわけではありません。
夫婦といっても他人なのですから。

 

 

だから全くの赤の他人に、「成功」or「失敗」の判定をする資格はないんです。
ていうか、何のどんな基準でジャッジしとんのじゃぃ。

 

なんも知らんくせに、ごちゃごちゃ言うな、ハゲ。

 

 

じゃぁ、結婚生活が続いていれば「成功」なのか?

ズバリ、NO! です。

 

成功したかどうかは「死が二人を分かつとき」にしかわかりません。

 

少なくとも、「この人と結婚してよかった。幸せ💛」と思って日々生活できているなら、途中経過としては良好です。

 

でも、「まさかの坂」はいつ何時やってくるかわかりませんから、やっぱり最後までジャッジできないんです。

 

 

私はどちらかというと、お互い不満だらけで、「こんな人と結婚するんじゃなかった」って内心思いながらずっと我慢して無理やり結婚生活を続けている方が「失敗」だと思うんですけどね。

 

まぁ、それも当の本人たちにしかわかりませんけどね。

 

「経験」は学び。

離婚は経験だといいました。

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

経験したからには「学び」があります。

 

離婚したことで、なんかずっとふさぎ込んでる人もちょいちょい見かけますが、私にいわせりゃ「もったいない」です。

 

その経験から「何を学ぶか」で、その経験の価値が大きく変わります。
離婚して平気な人なんてたぶんいません。
それなりにしんどい思いをするんだから、「この経験から何を学び取ってやろうか」という気持ちで臨まないと無駄にしんどい思いをするだけ、になっちゃいます。

 

特に女性は、一度夫の姓にした様々なもの(通帳とかカードとか、名前が書かれているもの全部)をすべてもう一度元の姓に戻すというクソメンドクサイ作業をせんとあかんのです。
それくらいパワーのいる経験、せっかくなら何か価値を見出さないと!!

 

 

私は何を学んだのか

詳しくは書きません。

 

離婚から学んだというよりは、「離婚へと向かう結婚生活を送ったことで学んだこと」と表現するのが正しい気がします。

 

ざっくりいうと・・・。

 

  • 私は、いざとなれば、大人の男性一人を養って住宅ローンも滞りなく支払い、その上貯金もできる経済力がある。
  • 一家の大黒柱となってフルで仕事をしていても、家事はきちんとこなすタイプである。
  • 自分はどういう言葉で傷つくか、どういう言葉で心癒されるか。
  • 自分はどちらを向いている人間なのか。前なのか、後ろなのか、今と見ている先の距離はどれくらいなのか。
  • 自分の一番心地の良い状態ってどんなんなんか。
  • 自分が何を思って生きている人なのか。
  • 意外と一人でいる時間が重要。無神経に邪魔をされるのは好きではないということ。
  • 自分の安全領域はどのへんなんか。
  • めんどくさくなると何もしゃべらなくなること。
  • けっこう「我慢」を「我慢している」と認識できないこと。
  • 限界を超えると、何を言われても何も感じなくなること。
  • 決断から行動に移すという作業をあまり時間もパワーも使わずにやってしまうこと。
  • 直感で行動することがほとんどであるということ。
  • 勘は鋭いほうであるということ。
  • 他人と暮らすということは、きれいごとだけでは成り立たないということ。
  • 自分の感情を口に出して表現するのは苦手であるということ。
  • 相手の話が長くなればなるほど、頭の中はまったく関係のないことを考え始めること。
  • 話を右から左へ受け流すのはかなり得意であるということ。
  • 怒ってても顔は自然な感じで笑えること。
  • 相手の話が頭に入ってこなくなったら、自分から最短距離にある「模様」でこっそりマジカルアイをやって楽しんでしまうこと。

Amazon icon-external-link
他にもいろいろありますが、方々にご迷惑をかける可能性もありますのでこの辺にしときます。

 

色んな事がわかり、自分らしく生きるためにはどうするのが一番いいかを考えた結果、「離婚」という結論に至りました。

 

一回しかない人生、自分らしく生きたかったんだもん。

 

離婚を経験した私の現在

55e25798c9c8e6b02e5d01ec21e03065_s

再婚しました。

 

子供も2人。

 

犬が2匹、猫も2匹。

 

毎日楽しく暮らしています。

 

前回に苦い経験が役に立っています。

 

 

そりゃ夫婦ですから、何かといろいろありますが、基本不満はありません。

 

時々、「外野」がうるさいですが、誰に何て言われようとも私は別に平気です。

 

 

言いたい人は好き勝手憶測だけでモノを言うてくるもんやし、そういう人は所詮そう人なんであって、いちいちこちらが振り回される必要もないです。

 

私は私で、自分らしくHAPPYにやってますんで、どうぞお構いなく♪

 

 

さいごに

 

私が離婚したことを「失敗」と表現していいのは、世界にたった一人、「私だけ」です。

 

その「私」が「失敗だった」と思ってないのだから、失敗ではない

 

 

・・・って、内心思いながら「失敗」って言ってくる人をものすごく冷ややかに客観的に見ている、というお話でした。

 

 

お付き合いいただきありがとう~(^▽^)/


Click here!! 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© unico’s LIFE , 2017 All Rights Reserved.