【体にいいのはどれ?】『濃縮還元』『ストレート』『生ジュース』その違いについて調べてみた

 
soda-1300880_640


クビンスのスロージューサーを購入して
ちょっと調子こいてるunicoです。

 

これね



スロージューサーを買って、
美味しいしぼりたてジュースを毎日飲めるようになったからこそ

 

気になる

『濃縮還元』
『ストレート』
『生ジュース』

 

の違いについて調べてみました。

 

 

過去の記事はこちら
★【酵素で美容】コールドプレスってこれのことだったのね!クビンスのジューサー買おうかとマジ悩み中。
★【酵素で美容】クビンスホールスロージューサー届きました!すごいわ、この味!!

 

 

『濃縮還元』100%ジュースとは

濃縮還元てなに?

一度搾り取った果汁を何らかの方法で水分を飛ばした後、
再び水分を加えるもの
出典濃縮還元 – Wikipedia

水分を除去して濃縮することにより、
見かけ上、200%、400%となり、
体積も1/2、1/4に
出典濃縮還元100%って?

つまりはですね、
果実から汁を絞って、
何らかの方法で水分だけを飛ばして
一旦体積を少なくして、

後ほど飛ばした分の水分を加えて100%に戻す、という感じ?


どうやって水分飛ばすん?

方法にはだいたい二つ。

 

「真空濃縮」
フリーズドライと同じ原理で、
低温下で減圧し真空状態で水分を蒸発させて濃縮する。

 

 

「凍結濃縮」
含まれる水分を凍結させ、
氷の結晶を分離して取り出すことによって濃縮する。

 

 

なんでそんなメンドクサイことするん?

shipping-containers-1150062_640
 

理由その1:
水分を飛ばして容積を小さくした方が、
同じコストでより大量に運搬することができるから

 

理由その2:
 海外産の果物の場合、現地で濃縮して、
日本で水を加えて販売――という方法の方が効率的だから

 

 

理由その3:
産地の限られる果物の場合だと
果実のままや搾ったままの果汁では保存性が悪く
広い範囲にその産品を提供することができないから。

 

 

理由その4:
濃縮還元果汁は、濃縮により原料果実による品質のばらつきを少なくし
また濃縮還元糖度を一定にすることにより
一定した品質の果汁を提供することが可能になるから。

 

 

うーん、いつでもどこでも品質が同じ
ジュースが提供できるってことなのかい?

 

なるべくコストをかけずに・・・。

 

ここに注目!

果汁100%という表示にだまされてはダメっす。

 

なんと!
濃縮還元果汁は加糖OKなんです

 

ガーン

そう、

5%以下の加糖は100%ジュースとして表記してもいい事になっているのです。
その他、ビタミンなども。

 

添加、してるんです。

 

書かなくていいなんてさー、消費者バカにしてるよねー・・・。

 

それから、ちゃんと「香料」も加えられてますよ。
水分を飛ばしたり、水分戻したりしてるうちに
香りは飛んじゃいますから~ザンネン!

 

「香料」と書かれていないのは、
もともとその果汁に含まれているものを使うからなんですて。

 

あほかー(# ゚Д゚)

 

あとね、個人的に気になるのは
100%に戻すときに使われるお水の品質。
どんなン使われてるんでしょうね。
気になりますがね、どこにも書かれていないんで
わかりませんね。

 

 

『ストレート』ジュース

ほんじゃ、「ストレート」と書かれているジュースはどうなんさ?

peaches-1446379_640

ストレートジュースってなんじゃらほい?

 

ストレート果汁は果汁100%のジュースで、
絞った果汁をそのまま詰めしたものですが、
加熱殺菌処理が行われています。


 

「生ジュース」とは違います。

 

ストレート果汁は原料となる果実の品質が
そのまま果汁の品質に影響します。

 

原料果実を収穫した時期、地域、
収穫年度によるばらつきがそのまま果汁の品質に影響出ます。

 

てことは同じモンを安定供給するのは
難しいっちゅうことですね。

 

・・・だからストレートジュースは
『期間限定』て書かれてるものが多いのか。納得。

 

『ストレート』で禁止されていること

ストレート果汁は加糖NGです。
果物から搾り出した果汁を、
そのまま低温保存しておき容器に詰めたジュースですから
何も加えられたりはしてません。

 

惜しいっ!

実は禁止されてません。

熱処理と冷凍。

cat-333075_640
ていうことはストレート果汁も熱処理はされて
熱に弱いビタミンCなんかは壊れている可能性が高いです。

 

そして、絞った果汁は
冷凍保存されたものが使われている可能性もあります。

 

 

ま、どちらにせよ、
絞った後、紙パックやら缶やらに入っているにせよ
長時間常温で置いといて
あんだけ変色せーへんってことは
『まったく何も手を加えず詰めました』
ではないんやろーな、と思っています。

 

 

知らんけど。

 

「ジュース」と表記していいのは100%のものだけ

果汁が入った飲料の
表記についてまとめます。

apple-926456_640
【果実ジュース】
1種類の果実について果汁100%のもの。

【果実ミックスジュース】
2種類以上の果実を混合し果汁100%としたもの。

【果粒入り果実ジュース】
かんきつ類のさのう、もしくはかんきつ類以外の果実の果肉を細切りにしたもの等を含む100%果汁のもの。

【果実・野菜ミックスジュース】
果汁と野菜汁の混合100%のもの。ただし果汁の割合は50%以上。

【果汁入り飲料】
果汁の割合が10%以上、100%未満のもの。

 

ほうほう。
こんなに細かく分かれてはるんですね。
100%じゃなかったら『飲料』なんですな。

 

一番安心安全美味しいのは『生ジュース』

smothie-887010_640
やっぱり、
何でもできたてが美味しいのです。

作りたて生ジュースは何がいいのか。

 

酸化が少ない。
野菜や果物に含まれる酵素が気軽に摂れる。
ビタミンもまるっと身体へ。
ミネラルもファイトケミカルもごくごくと!

 

果物をそのまま摂ると
消化吸収率は17%なのに対し、

スロージューサーで作ったジュースは
消化吸収率なんと
65%!

 

果物をそのまま食べると
消化吸収に3~5時間かかってしまいますが

スロージューサーのジュースでだと
10~15分という短時間で消化吸収されます。

 

胃腸の負担にならずに
野菜や果物の栄養素が効率よく摂れるなんてすばらしい!

 

というわけで
いろんなお野菜や果物をジュースにしていきたいと思ってマース。

 

美味しくできたものも
ああ、この組み合わせはないな、というものも
順次記事にしていきマース。

 

使っているのはこれ、ね。


というわけで、
外で飲料をやむを得ず購入する際は
もう「水」以外に選択肢がないな、と思っている
unicoでした~(・∀・)

 


click here! 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です