【キャー怖い】横浜 点滴異物混入事件!病棟看護師だった私が思うこと。

 

Pocket

消灯時間もとっくに過ぎた
夜中0時過ぎ・・・。

 

ヒタヒタヒタ・・・

 

静かに忍び寄る足音が
真っな病棟に響き渡る。

 

患者同士の空間を遮るカーテンがそおっと開く。
小さな懐中電灯の明かりの元、

 

患者を起こさないよう、
ちょうどカラになった点滴が抜かれる。
素早く新しい点滴に差し替えられ、

 

慣れた手つきで手早く滴下数を調整すると
その看護師は去っていった・・・。

 

 

 

 

 

キャー―――――

 

 

 

 

ていうか、これ、夜勤帯の看護業務。
いたって普通ですからw

 

 

先日、横浜の病院で、
患者様の点滴に界面活性剤が混入されるという
なんともひどい事件が起こりました。

 

病棟看護師としていろんな場面を見てきた立場から
ちょっとだけ思うことを書いておきたいと思いま―――ス。

 

まず思い出したのは『代理ミュンヒハウゼン症候群』

事件とは関係ないかもしれませんが

 


「代理ミュンヒハウゼン症候群」
って下噛みそうな病気の名前、
聞いたことあります?

 

病気などのわが子を
甲斐甲斐しく世話する姿をアピールして
周囲の同情や関心を引きたいという症状。
看病する母親を医師や看護師が疑いにくく、
怪しまれると転院させてしまうから発見も難しい。

ざっくり言ってしまえば、
お母さんが、我が子に『毒』を盛って
病気の子に仕立て上げて、

 

甲斐甲斐しく看病する母親になり
周りから
『病気のお子さんをあそこまでお世話されてて、えらいわぁ』

と注目されることで満足を得る、

 

という虚偽性障害。

 

もっと簡単に言うたら
オオカミ少年、です。

ookami

注目されたいんですね。

 

対象を我が子に向けるとか、
まったくもって理解不能ですが

 

そうなってしまう人の背景には
機能不全家庭で育った、という悲しい過去があるようです。

 

【機能不全家族(きのうふぜんかぞく)】
家庭内に対立不法行為身体的虐待
性的虐待心理的虐待ネグレクト等が恒常的に存在する家庭を指す。

 

対象が患者さんだったらどう?

調べたら、すごいのがいてました!!

被害者は200人以上? ドイツの殺人看護師に疑われる 「代理ミュンヒハウゼン症候群」

え?なに?!
急変させといて、自分が蘇生して
『俺って能力高いだろ?』
みたいな???

 

結局蘇生できひんで死なせてしまったとか、

 

ナンヤネーーーン(怒)

 

 

こんな看護師がいる病院、考えただけでもぞっとします・・・。

 

 

 

が、

 

 

私には心当たりがあるのです。
(私が、じゃないよ)

 

そうでもなかったら

『代理ミュンヒハウゼン症候群 看護師』
の文字列で検索かけたりしませんってば。

 

で、他の看護師友達にこの事件の話を振ったら
全員が口をそろえて
『犯人は看護師やって』
といいます。

 

行為の大小はあるにせよ、
そうなんじゃないの?って思わせる医療従事者が
どこにでもいる、ということなのかもしれません。

 

 

『あの子と夜勤すると忙しい』のあの子は怪しい

朝、出勤するといつも髪を振りみだして
いかにも”忙しい夜勤だった”を
毎回アピールするナースがいました。

pulse-trace-163708_640

そのうち
『あの子が夜勤すると絶対何か起きるよね』
とささやかれるようになります。

 

当の本人は
『○○ちゃんの夜勤の時はいつも”当たる”ね。おつかれさま』
とかなんとか師長さんなどにねぎらいの言葉をかけてもらい
まんざらでもない様子。

 

多い時ではたった2人の看護師で
50人の急性期の患者さんを担当することもありました。

平等に割っても一人25人。
術後間もない患者さんから
今日入院してきたばかりの患者さんまでいるので、
「なにか」あってもおかしくはないのですが、

 

『毎回』となると、あれ?って誰もが思うようになるわけです。

 

お―コワ。

 

 

一緒に夜勤してみるとわかります。

 

なーーーんだ、この人、
チェックが甘かっただけやん。
flashlight-629668_640

チェックが甘く、それが患者さんの容態に関わるようなことであれば
自分が担当でなくても、一緒にチェックしたり
こっそり自分の担当でない患者さんのところも巡回したり、で
危機は回避できます。

特に自分よりキャリアのある看護師と夜勤を組んだ場合は
ちょっと余計な仕事ではありますが、
そうやってパートナーのプライドを傷つけないよう配慮しながら
「平和な夜」を守っておりました。

 

 

が、しかし。
なんでそんなことが起きるの?
と私が一番思っていた看護師は
私とキャリアが同じくらいで
特に仲が悪く(笑)

一緒に夜勤する機会が全くありませんでした。

 

一緒に夜勤をしたら何か見えてきただろうか・・・
今もそれは時々考えます。

 

 

unico
・・・嫌いだったからって、ちょっと言いすぎかしら。
unico
あらやだ。
unico
私イヤな子やーーーーん。
unico
あーーーやだやだ。
unico
ロッカーにゴミ入れられたからって言いすぎちゃったわ
unico
ぐへへへへへ・・・

 

出勤したらロッカーにゴミが詰められていた件はこちら

 

 

 

点滴扱ってるのはだーれだ?

事件の話に戻ります。

 

点滴に洗剤入れた人がおる、っちゅうことですよね。

 

私が知る限り、
点滴の本体のフィルムをやぶる、という行為は
看護師以外にはしない気がします。

 

この事件の犯人は
フィルムをはがさない状態で洗剤をゴム栓部分から
注射器で入れたんでしょ?

 

それって、その点滴を扱う際、他の看護師が
「あれ、まだ触ってないのにフィルムが破られてる」って
気づかないようにしてるんですよね。

 

そこに気が行くっちゅうことは、
素人ではないはずです。

 

注射器と針を簡単に持ち出せるのも
看護師じゃないですかね。

 

 

犯人がどのような気持ちで
無差別に洗剤を入れていったのか
見当もつきません。

 

ただ、同じ階の患者さんばかりであるということは
『4階病棟』に所属している『医療従事者』であることは
間違いないんじゃないの?と勝手に思っています。

 

サスペンスドラマの観すぎなのか、
犯人像を勝手に想像したりしてます。

blind-alley-1323493_640

犯人は捜査の手が自分に迫って来ることを予感し
そらもう、ドキドキしていることと思います。

 

自首したらどうですか?

 

 

☆ここからは犯人が看護師だったということを勝手に想定してお送りします☆

 

 

看護師って、
看護師になろう、と思って必死に努力しなければ
つけない職業です。

 

看護師になろうと思ってきっかけは人それぞれではあると思いますが
「患者さんを助けるんだ」「命を支える職業に就きたい」
といった立派な志をもって看護教育機関の門をたたいたに違いありません。

x01hxziwntqfma

戴帽式で唱和したナイチンゲール誓詞、覚えてますか?

 

 

われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

 

 

この精神で今も職務を遂行する多くの看護師を貶めるのはやめてください。

 

最後に

 

横浜市の大口病院点滴異物混入事件において、
おなくなりになられた方々、そしてその家族、関係者の方々、
謹んでお悔やみとご冥福の祈念を申し上げます。

 

医療従事者として、終末期病院に大切な身内を預ける家族として、
この事件の犯人が一日も早く捕まることを心から願います。

 


Click here!! 
 

 

 

Copyright© unico’s LIFE , 2016 All Rights Reserved.